私の登山記録 3月

ー田床山 たどこやま 373m 萩市ー

お彼岸に、萩市内の展望台と言われる「田床山」に登山です。登山口は・・と調べると、私が幾度か行った「吉田松陰誕生の地」からです。え!そんな所に登山口の案内板なんてあった?ありました。見上げる「吉田松陰・金子重輔の銅像」の足元に、よく見ると「田床山登山口」の石柱があります。

さぁ出発です。細い道を抜け車道を渡り山道を歩くこと約1時間。山蔭からパッと明るい尾根に到着。右に折れると数本のテレビ塔が建つ所が田床山山頂です。山頂からは案内書に書いてある通り、萩市内が一望でき、指月城跡のある指月山も見えています。田床山は車でも上がれるようで、若者が写真を撮るや冷たい風に襟を立て、そそくさと車で下山です。私達も寒風吹く山頂を後に約45分、観光客で賑わう「吉田松陰誕生の地」にと戻りました。ヤマザクラが咲き、夏ミカンが実る「萩の春風景」にホッと一息つきました。

実を言うと私達、山頂を間違える大失敗をしたのです。尾根に出る・・までは合っていたのですが、鉄塔に向かわず反対方向にズンズンと進み、萩市内も見えず山深く・・山頂はどこ・・と、さすがに心配になって地図を見ると、やはりおかしい!と気づきUターン。春の山シーズンに向けてのプラス約1時間の足慣らしとなりました。気楽な里山だからとバカにしてかかると、結構落とし穴があるもの。こんな時こそが油断大敵と肝に命じました。
sIMG_4673.jpg sIMG_4674.jpg sIMG_4676.jpg  sIMG_4660.jpg sIMG_4661.jpg
        吉田松陰誕生の地                  田床山山頂

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑