萩往還(はぎおうかん)

「萩往還」は、山口県萩市と防府市三田尻をまっすくに結ぶ約53kの街道です。真ん中には中国山地があり山越えしなければいけません。この街道は江戸時代に毛利氏が、日本海側にある居城「萩城」から瀬戸内海側の三田尻港へ、江戸への参勤交代の為に通った道です。

苔むした石畳が残る山越え道を、山口市瑠璃光寺から周防・長門の国境記念碑のある板堂峠までを、約2時間歩きました。板堂峠537mは「萩往還」最高地点です。NHKドラマ「花燃ゆ」も終わった山道は静かで、歩き良い道に整備してあります。昔は街灯もない細い山道を、毛利の殿様・その行列や、高杉晋作・久坂玄瑞・伊藤博文・坂本竜馬・西郷隆盛など維新の志士が往来したんだなぁーと思うととてもロマンティックで、遠くからひずめの音が聞こえて来そうです。

 sIMG_4747.jpg sIMG_4748.jpg sIMG_4691.jpg sIMG_4696.jpg sIMG_4713.jpg   
     瑠璃光寺・五重塔            萩 往 還 の 街 道  
 sIMG_4703.jpg sIMG_4704.jpg sIMG_4723.jpg sIMG_4734.jpg sIMG_4724.jpg
    六軒茶屋跡(萩往還)国境の碑        龍福寺(大内氏館跡)

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑