私の登山記録 4月

ー十種ヶ峰 とくさがみね 989m 山口市ー             sIMG_4841.jpg
                                   十種ヶ峰山頂
                     
  神角駐車場→林道→沢道→ヤマシャクヤク群生地→十種ヶ峰山頂→神角駐車場

GW時期のこの頃、「十種ヶ峰のヤマシャクヤクの開花はどうか?」が山仲間で話題になります。いつもながら花の開花時期予想は難しいものです。ブログを見ていたら、前日行った人の「ずいぶんきれいに咲きだした」との文章を見て、即登山準備開始。30分後に家を出発。登山口駐車場に着いたのが12時半。駐車場では登山を終え帰り支度の方々が、「今日が見頃ですよ。いい時に来ましたよ。綺麗ですよ」との感嘆の声です。そんな声に励まされ、いつもより遅い時間からの登山開始です。お昼も食べずで、休憩時にちょこちょこ食いです。

私にとって初めてのコースでした。初めは単調な林道歩き。山道になると沢沿いの道で、沢を渡ったり沢の中を歩いたり大岩を越えたりと、ちょっと変化あるコースです。この沢登りのようなコース、雨上がり後は大変そうです。約1時間でヤマシャクヤクの花園到着。沢沿いの山蔭の斜面一面、緑葉の上に白い一重花が顔を出して並んでいます。白いヤマシャクヤクは牡丹の花のような派手さはありませんが、「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」のように、清楚で凛とした姿は気品があります。ヤマシャクヤクの観賞道は急斜面で息が上がります。がその両側に咲くヤマシャクヤクには癒されます。

尾根に出ると、涼やかな風が体の火照りをとります。ここからはヤマシャクヤクに代わり、眺めの良さとピンクのイカリ草が励ましてくれます。登山口から約2時間で、やっと頂上です。誰もいません。一休憩すると、山頂から麓を目指して一気に下山です。下りは一方通行の別道で、単調ながら歩きやすい道です。戻った駐車場にはぽつんと愛車があるのみ。急に思い立って遅い時間からの出発で、バタバタした登山となりましたが、綺麗な花も見れたし、無事に帰れたし・・充実した一日でした。
  sIMG_4780.jpg  sIMG_4802.jpg  sIMG_4793.jpg  sIMG_4782.jpg  
           ヤ マ シ ャ ク ヤ ク の 群 生 地  
  sIMG_4818.jpg  sIMG_4779.jpg  sIMG_4810.jpg  sIMG_4830.jpg    

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑