私の登山記録 5月

ー三ツヶ峰 970m 山口県ー        sIMG_5030.jpg  sIMG_5032.jpg

       仏峠登山口→三ツヶ峰山頂→本谷登山口

「日中の気温30度。熱中症に気を付けて」と天気予報士が忠告しています。まだ5月なのにね。でも私たちは山に行きます。

前回の登った十種ヶ峰に対峙している三ツヶ峰。野道山への縦走コースとして山の名前を知っていました。今回の登山口は仏峠。ここまで車で上がると、かなり高度を稼いでいます。最初の急登を登ればランランの尾根歩き・・ところがどっこい、そうは問屋が卸しません。登る、下る、登る・・先に見えているピークが頂上か・・と期待して坂を登ると、先で道が下っています。あ~あ。次のピークこそはと坂を登ればまた裏切られ・・こんな具合でいくつかのピークを越えて、1時間45分かかり、やっと山頂到着です。山頂からは徳佐盆地の向こうに秀麗な十種ヶ峰が見えています。これでSLが、汽笛と共に煙を上げて走っていれば絵になるのですが。

昼食後、本谷コースで下山です。このコース、佐波川源流の細い小川をたどりながら下ります。細い小川も下るにつれて水量が多い川になります。ただしこのコース、急傾斜あり、川沿いの崖道あり、さらに赤いテープを見つけつつ、背丈ほどの熊笹を掻き分けて踏みあと探し・・となかなか気が抜けません。登り以上に時間がかかります。最近人が通っていない道だったかもしれません。とても一人二人では不安で、おまけに「クマが出る」の看板を見ての入山なのでなおさらです。仏峠からの道はアップダウンの繰り返しでしたが、手入れされた道に不安感はありませんでした。山道も、季節や人の利用度で全く違った印象になります。2時間かかりましたが、山頂以外は木陰の山道で、お蔭で熱中症にならずに下山できました。

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑