私の登山記録 7月 その1

ー亀山 300m・日の山 303.5m・陶ヶ岳 230m 山口市ー

「白山登山事前練習 第4回」参加です。この山は山口セミナーパーク後ろにある岩山の連山で、低山なのに各山の傾斜が急で、アップダウンの繰り返し、ハードコースです。

セミナーパークを「亀山」に向かって出発です。蒸し暑い雑木林の中を登り、8合目を過ぎると大岩壁の下に到着です。大岩盤を見上げて一休み。こうなると頂上が近いはずですが。この岩盤の間を登ります。風が吹き眺めが良くなるのはいいのですが、露出岩のために日陰もなく、照り返しの暑さで全身から汗が噴き出ます。早く荷物を置いて陰で涼みたい一心で、やっと亀山山頂到着です。ここで一休みして次の山「日の山」に向かって出発。遠下山・梅の木山と一山ずつ越えて、このあたりからです。足が上がらない・身体が重たい・足が攣りそう・お腹が痛い・吐きそう・・とさんざんです。皆との間がずんずん開きます。サブリーダーが、辛い登りに少し上っては木陰で休む私のスローペースに付き合って下さり、ついには荷物の一部を持っていただき、何とか皆が弁当を食べている「日の山」に到着です。バテバテで食欲もありません。さすがにここで私はギブアップです。「陶ヶ岳」に向かう元気な皆を見送って、エスケープ道でセミナーパークに直接下りました。

皆に心配かけましたが、お蔭で公園の木陰のベンチでゆっくり涼み、自動販売機の冷たい炭酸飲料を飲んでスカッとしました。後で考えると、どうやら私は「熱中症」だった気がします。無理せず正解だったかもしれません。ただし、こんな調子で「白山」登山は大丈夫か・・と別な問題発生ですが。振り返えれば、以前にもこんなことがありましたので、私は「熱中症」になりやすいタイプかも知れません。本番ではなく練習登山だったのは幸いでした。今から対処を考えます。

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑