北陸と信州の山旅・その後

「白山」・「雨飾山」・「飯綱山」と次々に欲張って登り、楽しい思い出で胸がいっぱいながらも、腿がパンパン・膝がガクガクで身体はヨタヨタしながらの帰宅でした。その後は初盆対応で、お坊さんやお参りのお客さんの接待に、正座ができずに足を崩すしかありません。山行きから約1ヵ月。腿の筋肉痛はなくなったものの膝は調子悪く、階段の上がり下がりや正座ができないままです。こうなると整形外科に行くしかありません。「変形性膝関節症」の診断です。そう言えば2年前にもこの病名を聞きました。忘れていました。私の膝は無理をすると水が溜まるのを・・。水を抜いてもらい、ヒアルロン酸の注射を再び打つこととなりました。但し、こんなことを繰り返しては身体にいいはずがありません。紅葉の山には心惹かれますが、ウーン!まずは、登山から離れておとなしくします。そして、この足とうまく付き合っていくにはどうすればいいのかな。また、足を使わない別の趣味の開拓にもチャレンジしましょう。

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑