秋のバス旅行候補地 

ー弥栄湖と弥栄峡 やさかこ と やさかきょう 山口県・広島県ー sIMG_5675.jpg 蛇喰盤

第3回目が夏休み最後に済んだら、すぐに今年度最後の校区バス旅行の企画です。さて行き先はどこに?。11月上旬、紅葉の綺麗な所がいいですね。でも早く決めないと時間がありません。

地図を見ていたら大竹市が気になって、私が考える候補地に行ってきました。昔「三倉岳」登山に行った時に通った道です。山口県(岩国市)と広島県(大竹市)との県境は小瀬川です。その清流「小瀬川」の上流をたどると、弥栄ダム・弥栄湖が水をたわわに溜めて山間に広がっており、白い岩肌の「白滝山」や赤い橋・白い斜張橋が青い湖に映えています。そして弥栄峡では、白い大岩に砕かれ白波をたてた川の水が勢いよく弥栄湖に注いでいます。そんな弥栄峡、車で走ったのは広島県で、橋を渡ると山口県です。岩国側のキャンプ場から弥栄湖に沿って遊歩道が2.7㎞続き、ゴールは安穏地蔵菩薩のある展望台。穏やかな湖を横目に、遊歩道は上がったり下がったり湖面近くになったりと、歩きやすい道が続きます。但し大問題があり。展望台まで行って、また同じ道を戻らなくてはいけません。トータル5.5㎞約1時間半の道のりで、それも変化のない単調な風景です。敬老会に近い参加者にはどうかな?。とりあえず私の候補地にしました。ついでに「蛇喰盤」にも寄ってみました。甌穴で川床に曲線の模様が作られて、夏には川遊びで人気だそうです。ちょっと前まで、水遊びする子供たちの声で賑やかだったでしょう。
  sIMG_5695.jpg  sIMG_5679.jpg  sIMG_5650.jpg  
        弥栄ダムと弥栄湖         白滝山      

  sIMG_5693.jpg  sIMG_5670.jpg  sIMG_5667.jpg  sIMG_5663.jpg
                    弥 栄 峡
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑