中学校の同窓会

敬老会の招待状が届くにはちょっと早い私たち、4年ぶりの同窓会開催です。まずは出席者全員(50余人)の集合写真撮影。お隣さんも前後の人も同級生ですが、ちっとも誰なのか思い出せません。何しろ、9組まであった私たちの中学時代。名札を見ても出席表を見ても・・・ムムム。覚えのある名前の人は約半分。顔を見てわかる人はさらに半分。共通の話題のある人とは会話できますが、誰とでも会話・・という訳にはいきません。そんな中、お酌をしつつ話をしながら回っておられる男性たちの姿には感心しました。彼らはお世話の人だったのでしょうか?。それともお酒の勢いのなせる業?

60歳を過ぎて、まだまだ現役で働く人・第2の人生をのんびりと過ごしている人もいる中、すでに亡くなられた同級生もおられ、皆で冥福を祈りました。若いつもりの私でしたが、あと30年後の自分がどうなっているのか?生きていても、自分で思う所に自分で行ける状態なのか・・と考えると、今が大切な気がします。「Don't put off till tomorrow what you can do today」ですね。動けるうちに動きましょう・・ということでしょうか。予定では、次回の同窓会は2020年の東京オリンピックの年です。東京にオリンピックを見に行くぞ!という元気な声も聞こえます。ともあれ、次回も皆で元気に会いたいですね。

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑