べっぴんさん

亡き父の置き土産が盆栽と池の鯉ならば、亡き母の置き土産は着物と手芸品。自分の服は自分で縫ったり編んだりし、着物さえも自分で仕立てる時代の人でしたので、多くの手仕事品・手芸品が残っています。私たちが幼い頃、姉妹でお揃いの洋服を着て歩くと、「まぁーかわいいね」なんて言われ喜んだものです。さすがにその頃の物はありませんが、端切れで作った袋物や手芸品の数々、さらには着物の端切れも残っており、これがどんな着物だった・・とか判るようなメモが付いています。一方すぐに着れるものもありました。無地のTシャツにステンシルペイントがしてあり、普通のTシャツが世界に一つの別品となっています。模様の入れ方にセンスの良さが必要だと思いました。こうして思い起こせば、亡き母はひと手間かけて「別品」にするのが好きな人でした。これと言うのも女の子の親だった為か、はたまたもともと好きだったのか・・。色気なしの殺風景な男の子の親の私には、別世界の話でとても真似ができません。資質の違いかな・・。実家の片付けをしながら、多数残っている母の手芸品を地区の文化祭バザーに出そうと思いましたが、もう少し残しておくことにしました。

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑