秋の行楽

とことこトレイン

昔の国鉄時代に「岩日線」と言われてた山口県の路線が、現在は第三セクターの錦川清流線となりました。錦帯橋で有名な清流・錦川に沿って、岩国駅~錦町38.3㎞間を走る路線で、地元の人々の生活路線となっています。「トコトコトレイン」は終点錦町駅で乗り換えて、錦町駅~雙津峡温泉駅まで約6㎞を、自転車速度で40分かけて遊覧車が走ります。トレインと言っても車で、線路ではなく専用道路上を走ります。その初代車両は「山口きらら博」で使用された遊覧車を、次代は「愛知地球博」のものを再利用しています。この「トコトコトレイン」が走る道路は、かつて山陽線岩国駅と山口線(新山口駅~益田駅)途中駅の日原駅までを結ぶ予定の線路でしたが、六日市まで完成したところで計画は中止。その後、錦町駅~雙津峡駅までを岩日線北記念公園として整備されました。

この「とことこトレイン」に乗ると、約1㎞のトンネルを2つ通り抜け、その1つのトンネル内は、トレインのライトが暗闇を照らすと夜光石の絵が壁や天井に煌めきます。まるで夜空の花火のようです。また清流に洗われた紅葉には早い山里の空気は新鮮で、道路両側に覆い被さる桜の木のトンネルが、春にはピンクのトンネルに変わるだろうと想像できます。桜の時期・彼岸花の時期、また訪れてみたい所です。
  
  sIMG_5737.jpg  sIMG_5742.jpg  sIMG_5747.jpg  sIMG_5751.jpg

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑