紅葉の旅 その2

湖東三山(西明寺・金剛輪寺・百済寺)
西明寺 さいみょうじー 日本の紅葉100選 日本100の古寺  犬上郡甲良町

天台宗の寺院で、えと寺としても有名です。鎌倉時代の大悲閣本堂・三重塔(国宝)や室町時代の二天門(重要文化財)が現存しており、どっしりと歴史を感じる重厚な佇まいです。この時期、赤や黄色の紅葉に映える建物は華やいで見えます。さらに「蓬莱園(名勝庭園)」や「不断桜(天然記念物:11月なのに桜が咲いていました)」など見どころも多く、長く続く参道の石段も全く気になりません。その参道の両側の石垣・土塀や苔むした境内に散ったモミジが更にワクワク感を高めます。

  sIMG_5965.jpg  sIMG_5974.jpg  sIMG_5989.jpg  sIMG_5979.jpg
                          蓬莱園
  sIMG_5998.jpg  sIMG_6014.jpg  sIMG_6018.jpg  sIMG_6024.jpg
  大悲閣本堂・三重塔    二天門            参  道

金剛輪寺 こんごうりんじー 日本の紅葉100選  愛知郡愛荘町

天台宗の寺院です。鎌倉時代の本堂(国宝)には11の重要文化財の仏像が安置されています。さらに三重塔・二天門(重要文化財)があり、国指定の名勝庭園は桃山~江戸時代へと作庭の変化の見える庭です。この寺院で印象深いのは、本堂横の真っ赤なモミジ「血染めの紅葉」と呼ばれています。太陽に透けると本当に真っ赤で綺麗です。更にもう一つ、赤いかざぐるまを供えた50㎝位のお地蔵さん「千躰地蔵」です。木立の下一面に鎮座しておられたり、本堂に向かう参道の両側にズーと鎮座しておられたり・・と不思議な霊気を感じる寺院でした。

  sIMG_6035.jpg  sIMG_6075.jpg  sIMG_6041.jpg  sIMG_6054.jpg
    参道       二天門                 三重塔
  sIMG_6065.jpg  sIMG_6063.jpg  sIMG_6061.jpg  sIMG_6062.jpg  
     本堂              血 染 め の 紅 葉
  sIMG_6097.jpg  sIMG_6084.jpg  sIMG_6117.jpg
    名勝庭園      千躰地蔵  

百済寺 ひゃくさいじー 日本の紅葉100選  東近江市

天台宗の寺院です。聖徳太子が渡来人・百済人のために百済国「龍雲寺」を模して建立したもので、上記の2寺院と違って三重塔がなく、山城の上に本堂があるかのような寺院です。百済寺本堂は重要文化財で、「喜見院の庭園」は「天下遠望の名園」と言われ、鯉泳ぐ飛び石の池の水面に紅葉が映る絵は美しく、また高台から湖西の平野が眼下に、目を転じると琵琶湖と共に安土山も霞んで見えます。

  sIMG_6123.jpg  sIMG_6171.jpg  sIMG_6128.jpg  sIMG_6141.jpg  
                          喜 見 院 の 庭 園              
  sIMG_6148.jpg  sIMG_6150.jpg  sIMG_6154.jpg   sIMG_6177.jpg
     仁王門        参道        本堂         参道

3寺院とも天台宗の比叡山延暦寺と関係があることで、織田信長の焼き討ちにあったり、何とか免れたり・・という歴史をもち、各寺院がかつて大きな勢力を持った寺院であったことが覗われます。各寺院の受付所を過ぎると、色鮮やかな別世界です。中腹の本堂へと上がる参道は赤や黄色の紅葉に彩られ、木々の緑色が紅葉の華やかさをさらに引き立てています。山寺の山は錦の山。「山装う」です。

今日はあと2寺院。紅葉の寺院巡りは続きます。

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑