京都・奈良の冬旅 その3

―天理教教会本部  天理市ー      sP5200074.jpg  sP5200076.jpg


天理市は日本で市名に、宗教団体の名称が使われている唯一の宗教都市です。そして市の中心部には天理教関連の施設が多く、独特な建築様式のスケールの大きな建物が至る所で見られます。教会本部も広く大きく、本殿に誰でも入ることができます。祈りの声を聴きながらぐるり一周、きれいに掃除された木目で足に優しい長廊下を歩きました。まるでお城の中を歩いているようです。

ー石上神宮 いそのかみじんぐう 天理市ー

日本最古の神社の一つで、記紀に「神宮」と記されているのは、伊勢神宮と石上神宮だけだそうで、物部氏の総氏神です。さらに古代軍部の武器庫として、古く日本書紀・古事記にも登場しています。鳥居の向こうの境内から、鶏の雄叫びが聞こえます。この神社では鶏は神の使者として大事に扱われ、何羽もの鶏が放し飼いにされており、ついつい鶏と戯れてしまいます。さぁ参拝です。赤い廻廊に向かい、古めかしい楼門(重文)をくぐると、白河天皇が皇居の神嘉殿を寄贈したという立派な拝殿(国宝)に参拝です。「七支刀」(国宝)をはじめ、多くの貴重な文化財を伝える神宝が祭られています。さらに「摂社・出雲建雄神社の拝殿」(国宝)は、中央に一間の「馬道」と呼ぶ通路を開く「割拝殿」で、私は初めて見た様式の拝殿でした。 歴史の重みから来る謎の多い神宮に思えました 

日本最古の古道「山の辺の道」は、石上神宮を中間地点として、北に行けば奈良へ。南に行けば三輪・桜井まで約35kmの道程となります。石上神宮から、三輪山を御神体とする日本最古の神社の一つ「大神神社 おおみわじんじゃ」(桜井市)への道程16㎞は、ハイライトコースです。大和三山・二上山などの山々を見ながら、神話と伝説の世界をゆっくりハイキングするのもいいですね。

  sDSC03889.jpg  sDSC03911.jpg  sDSC03905.jpg  sDSC03903.jpg
                         拝殿(国宝)    楼門(重文)
  sDSC03902.jpg  sDSC03894.jpg       七支刀
摂社出雲建雄神社(国宝)  神使の鶏          七支刀(国宝)

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑