私の登山記録 3月

ー中摩殿畑山 なかまとのはたやま 991.1m 大分県ー

2台の車で乗りあっていく私達、一方の車が合流場所のSAを見過ごし、SAで待っていた私達は着信音に誰一人気が付かず・・のハプニングで、30分の時間ロスのスタートです。午後から降雨との予報に、早く登山し下山したいと気持ちで焦っていたのですが。

山名が変わっているこの山は、奇岩が有名な名勝「耶馬渓」の一角にあります。道の駅「やまくに」から、山裾に幾重もの棚田を抱く集落を過ぎて、車が入る所ぎりぎりまで行ったので、かなり距離的にも時間的にも体力的にも助かりました。砂防ダムから予定より遅い登山開始です。杉林の急斜面をテープを頼りに一列で登ります。大変さにみんな無口です。平坦な林道になると気が緩み、横に広がりおしゃべりし、また急傾斜の道になると無口で一列です。山頂近くになると空が開け、シャクナゲの群生地突入です。中には花芽のついた木もあり、5月にはピンクの花トンネルになるのかな・・。出発から1時間で山頂到着です。鳥居と「八大龍王宮」の社がぽつんとあり、遠くに英彦山や鷹ノ巣山が霞んで見えます。曇天が雨天になったら大変・・と、急いで弁当を食べ、そそくさと足元に気を使いながら下山です。結局、雨に降られ雨具でのゴールでしたが、山頂の風景を見れてラッキーでした。それにしても天気予報、当たりますね。
sDSC03956.jpg sDSC03959.jpg sDSC03964.jpg sDSC03962.jpg sDSC03966.jpg

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑