私の登山記録 6月 その2

                                  sP1040843.jpg
久住山 くじゅうさん(1786.9m)・扇ヶ鼻 おうぎがはな(1698m)のミヤマキリシマ  大分県

6月第1日曜日は九重の山開き。そしてミヤマキリシマの花で九重連山がピンクに彩られる頃です。以前は天気予報と花の開花時期とにらめっこして、「レッツゴー!」とばかりに早朝から一気に平治岳や大船山の登山口へ。目的の山に登った翌日は別の山に登り帰路につく・・という具合で、まさに元気いっぱいの私でした。しかし昨今の不調な膝になってからは、あの急傾斜の山道を数時間も歩く自信がありません。でも「ミヤマキリシマ」・・気になるなぁ。

  牧ノ戸登山口→久住分れ→久住山→久住分れ→扇ヶ鼻分岐→扇ヶ鼻→扇ヶ鼻分岐→牧ノ戸登山口

6月中旬ながら思い切って宿をとると、翌朝は4時間車を走らせ、牧ノ戸登山口から登山開始です。4年ぶりの九重。目標は今がミヤマキリシマの見頃と予想される「扇ヶ鼻」です。途中の岩場の沓掛山あたりからミヤマキリシマが咲いており、向こうに見える「星生山」「扇ヶ鼻」が芝桜のカーペットのようです。美しい風景についつい欲が出て、扇ヶ鼻分岐を通過し足を延ばして久々の久住山頂に登りました。ランランランのつもりでしたが、久住分れから山頂への稜線はガレ場で歩きにくい道だったのを、登りながら思い出しました。登山口から2時間半、ヤレヤレなんとか山頂に着くと、そこは九重連山の展望台です。扇ヶ鼻・星生山・三俣山・硫黄山・天狗ヶ城・中岳・平治岳・大船山と山頂近くの斜面がピンクに染まった九重連山が一望に見え、遠くに由布岳・鶴見岳・阿蘇五岳も見えます。美しい風景での昼食に時間がゆっくりと流れます。

さぁ、ミヤマキリシマが咲く「扇ヶ鼻」へと来た道を戻ります。久住山のガレ場道は登り難く下り難い道です。やっと扇ヶ鼻分岐まで戻り一路「扇ヶ鼻」山頂へ。「扇ヶ鼻」は一面のピンクのミヤマキリシマで天空の花園のようでした。平治岳のミヤマキリシマよりも丈が低いようで、花園の向こうに久住山の三角頭・中岳・天狗ヶ城が覗いています。そんな天空の花園にいつまでも居たいのですが、いつの間にやら人気も少なくなり静かな山になっています。膝は登りよりも下りの方が危険が一杯。ゆっくりゆっくりの下山でした。ミヤマキリシマを堪能した私は、しばらく家でおとなしくします。

  sP1040814.jpg  sP1040811.jpg  sP1040816.jpg  sDSC04361.jpg      
          久住山山頂         久住山稜線      扇ヶ鼻山頂   
  sDSC04375.jpg  sDSC04381.jpg  sP1040838.jpg  sP1040823.jpg
            天 空 の 花 園 ( 扇 ヶ 鼻 )
  sDSC04346.jpg  sDSC04307.jpg  sDSC04352.jpg  sDSC04404.jpg
マイヅルソウとミヤマキリシマ  イワカガミ      ツクシドウダンツツジ  

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑